介護福祉の主な職場

居宅サービス事業所(訪問型)

●運営

 

居宅サービス事業所(訪問型)は、社会福祉法人やNPO法人、
民間企業などが運営しています。

 

事業所によっては、訪問介護のみのところもありますし、
複数のサービスを提供しているところもあります。

 

●対象とサービス内容

 

・訪問介護(ホームヘルプ)

 

訪問介護は、日常生活動作が不自由な人を対象としています。

 

介護職員が利用者のお宅を訪問し、
入浴や排泄、食事などの介護をしたり、
掃除や洗濯、料理等の家事を行います。

 

介護職員初任者研修修了程度の能力が求められるのが一般的です。

 

・訪問入浴介護

 

訪問入浴介護では、介護職員が移動式の浴槽を利用者に運び込み、
入浴介護を行います。

 

通常は3人でチームを組み、
自動車で機材を運んで訪問入浴介護を行います。

 

・訪問看護

 

訪問看護は、看護師が利用者のお宅を訪問し、
看護ケアを行います。

 

介護職員は、介護補助者として、
看護師に同行するなどします。

 

・訪問リハビリテーション

 

訪問リハビリテーションは、
理学療法士、作業療法士、または言語聴覚士が利用者のお宅を訪問し、
リハビリテーションを行うものです。

 

・特定施設入居者生活介護

 

特定施設入居者生活介護の「特定施設」とは、
有料老人ホーム、ケアハウス、
サービス付き高齢者向け住宅などのことをいいます。

 

特定施設入居者生活介護は、
この特定の居住施設で暮らしている人を対象に、
日常生活をサポートする介護を提供するものです。

 

●介護職員

 

訪問介護は、常勤職員が勤務時間内に
あちこちの利用者のお宅を訪問する働き方もあります。

 

また、パートタイマーの職員が、
決まった時間に決まった利用者宅のみを訪問するという
働き方も多い職場です。

 

一人で利用社宅を訪問することが多く、
パートタイマーの場合でも、専門職として
責任を持って行動することができるスキルを必要とします。

 

また、移動のために、自転車やバイク、自動車などを使う場合が多く、
事業所によっては、運転免許が必要になります。

 

一般的には、昼間の勤務が多いですが、
夜間対応型訪問介護事業所や、
定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所のように
夜間や早朝、深夜の訪問を行う訪問型サービスもあります。

 

●関連する資格

 

居宅サービス事業所(訪問型)に関連する資格は、
介護福祉士、介護職員初任者研修、
介護職員実務者研修などがあります。