介護福祉の主な職場

障害者支援施設(通所施設)

●運営

 

障害者支援施設(通所施設)は、社会福祉法人、NPO法人、民間企業などが
運営しています。

 

 

●対象とサービス内容

 

障害者支援施設(通所施設)は、
通常、事業所によって知的障害者、身体障害者、精神障害者、
発達障害者などの対象者が限定されています。

 

そして、障害者に日中通ってもらい、さまざまなサービスを提供しますが、
障害者支援施設(通所施設)には以下のようなサービスがあり、
施設によって提供されるサービスが異なります。

 

・生活介護

 

生活介護では、入浴、排泄、食事の介護、
創造的活動または生産活動などの機会の提供をします。

 

・自律訓練

 

自律訓練には、機能訓練と生活訓練があります。

 

機能訓練は、自立した社会生活や日常生活を
営むことができるようになることが目的です。

 

生活訓練は、地域生活を営む上での生活力の維持や向上を目指します。

 

・就労移行支援

 

就労移行支援は、就労を希望する65歳未満の障害者に対して行うものです。

 

一定期間、実習や職業探しを通じ、就労に必要な知識や能力の向上のために
必要な訓練などを行います。

 

職場実習ができるように実習先の確保をしたり、
障害者就業・生活支援センターなどと協力し、
職場開拓をしたり、地域障害者職業センターや
ハローワークと連携をすることもあります。

 

・就労継続支援

 

就労継続支援では、通常の企業等に就職することが難しい障害者に対し、
就労の機会や生産活動などの機会を提供しています。

 

作業所、授産施設等とも呼ばれます。

 

雇用契約を提携するA型(雇用型)と、
年齢や体力の面から雇用が難しいため
雇用契約を締結しないB型(非雇用型)があります。

 

 

●関係する資格

 

障害者支援施設(通所施設)に関係する資格は、
障害者(児)ホームヘルパー、介護職員初任者研修、
介護職員実務者研修、介護福祉士、サービス管理責任者、
社会福祉士、精神保健福祉士などがあります。