介護福祉の主な職場

定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所

●運営

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は、
社会福祉法人、NPO法人、民間企業などが運営しています。

 

●対象とサービス内容

 

地域密着型サービスのひとつです。

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は、
訪問介護と訪問看護が一体となって連携しながら、
24時間対応で定期巡回サービスと随時訪問サービスを行います。

 

●介護職員

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は、
夜間対応型訪問介護と同じで、24時間対応です。

 

ですから、介護職員は、通常シフト制勤務になり、
夜勤をこなすことが必要です。

 

また、夜間の移動のため、
自動車を自分で運転することが多いようです。

 

利用者は、要介護度が高い場合が多く、
または訪問は一人で行うことが多いので、
臨機応変の対応力を必要とします。

 

●関係する資格

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所に関係する資格は、
介護福祉士、介護職員初任者研修、
介護職員実務者研修などがあります。

 

 

 * 地域密着型サービスとは

 

  地域密着型サービスとは、介護を必要とする高齢者が、
 なるべく住み慣れた地域で暮らし続けることができるように
 2006年4月から介護保険制度に導入された一連のサービスのことです。

 

  大規模な施設だけでなく、比較的小規模で利用者のニーズにあった
 サービスが行われるようにと整備されています。

 

  ただし、自分が住む市町村で実施されていないサービスは、
 利用することができません。

 

  また、実際にサービスを提供する事業者がまだ少ないことが、
 課題になっています。