介護福祉の主な職場

小規模多機能型居宅介護事業所

●運営

 

小規模多機能型居宅介護事業所は、
社会福祉法人やNPO法人、民間企業などが運営しています。

 

●対象とサービス内容

 

小規模多機能型居宅介護事業所は、
介護が必要な人が、なるべく地域で暮らし続けられるように作られている
地域密着型サービスのひとつです。

 

小規模多機能型居宅介護事業所はその名のとおり、
小規模な施設です。

 

利用登録者は、デイサービス、訪問介護サービス、
ショートステイを必要に応じて
組み合わせて使用することが可能です。

 

登録者は25人までで、
デイサービスの利用者は1日15人まで、
宿泊は9人までです。

 

●介護職員

 

小規模なので、大規模な入所施設やデイサービスに比べると、
介護職員は利用者と親密な関係を築きやすいです。

 

また、あまり細かいルール等に縛られず、
ある程度家庭的な介護が可能です。

 

ショートステイがあるので、
シフト制勤務になるのが一般的です。

 

●関係する資格

 

小規模多機能型居宅介護事業所に関係する資格は、
介護福祉士、介護職員初任者研修、
介護職員実務者研修、介護支援専門員(ケアマネジャー)などがあります。