介護福祉の主な職場

特別養護老人ホーム(指定介護老人福祉施設)

●運営

 

特別養護老人ホームは、地方公共団体や社会福祉法人が運営しています。

 

●入所対象者

 

この施設では、寝たきり老人や、重度の認知症など、
一人暮らしをすることが困難で、
介護が必要な高齢者が入居して生活しています。

 

●介護職員の仕事

 

特別養護老人ホームの介護職員は、
入居者の食事や排泄、入浴や着替えなどの介護を行い、
生活相談員は入所者希望者や入所者に対し、
全面的な相談援助を行っています。

 

また、介護支援専門員(ケアマネジャー)は、
ケアプランを作成し、モニタリングを行うなどします。

 

特別養護老人ホームでは、24時間の介護が必要です。

 

ですから、介護職員は、通常シフト制の勤務です。

 

そして、施設内には、常に他の職員がいる状態で、
相談したり助け合いながら、チームの一員として働くことになります。

 

●関係する資格

 

特別養護老人ホームに関係する資格には、
介護福祉士、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、
社会福祉士、社会福祉主事任用資格、介護支援専門員(ケアマネジャー)など。